ドラレコの必要性を高速事故

深夜、軽自動車に乗り、静岡県から愛知県に向けて東名高速道路を走行中でした。
他県での仕事を終え、疲れながらも運転をしていました。

東名高速道路には新東名高速道路と合流するジャンクションがあり、多数のトラックが走行しているため、私は少し恐怖を感じておりました。
帰路を急いでいた私は、3車線あるうちの一番右側、追い越し車線を走行しておりました。

丁度ジャンクションに差し掛かったころ、左側から大きな衝撃がありました。
交通事故が初めてだった私は、何が起こったのかとっさに判断することはできませんでした。
衝撃とともにハンドルを取られてしまったものの、なぜか冷静にハンドルを握ることができ、何もなかったかのように再び走り出しました。すると、もう一度同じ衝撃が来たのです。

その時に初めて、これは事故なんだ、と認識することができました。
そして2度もぶつかってくるなんておかしい、一体何なんだと少しパニックになってしまいました。
事故にあった瞬間、私は追い越し車線を走っていたため、周りに注意しながら減速し、左に寄せて路肩に停車しました。
車を路肩に停めるにも、交通量のせいで一苦労でした。
車から降り、保険会社に電話、状況を説明しました。

事故の相手は、10トントラックでした。
私は生きていることに喜びを感じました。
警察に連絡し、相手と話をしていると、
「全然見えなかった。ライト付けてた?」などと言ってきました。

ライトを付けずに田舎の夜道の高速を走れるわけがありません。
実況見分では、トラックの運転手が自分に有利なように話を進めようとしていました。
合流したときに私の車はいなかった、というのです。

私はすかさず反論をしました。私の車の後方左側面に、相手の車の塗料がついているのです。
私が走行している後ろ側面から車線変更してきたことに間違いはないのです。
結局、相手の方が不注意を認めたため、過失割合は9対1となりました。

私は帰宅するなり、車の修理の見積もりを取りました。
10万円で購入した格安の軽自動車は、修理に28万円かかるとのことでした。
そのことを相手の保険会社と私の保険会社に連絡し、相手側に修理代の9割を負担してもらうという事で話がまとまりました。お互いケガもなかった事が不幸中の幸いですが、もしケガをするとしたら間違いなく私だったでしょう。

交通事故で大切なことは、パニックにならずに冷静に対応すること、これが一番大事だと思います。事故にあい、しっかりと意識、行動ができる場合は、2次災害を防ぐことを一番に考えるべきだと思います。高速道路でいきなり減速して路肩に寄せるだけでもかなり危険な行為です。
また、事故の相手によっては、自分の過失割合を低くするために事実とは異なる主張をする人もいます。ドライブレコーダーを付けるなどして、自分が不利になってしまわないような対策も必要だと思います。交通事故にあわないことが一番ですが、私はこの一件以来、ドライブレコーダーを搭載して有事に備えております。

駐車場における事故

駐車場の事故

駐車場の事故

車の免許を取得して7年になります。

その間、トラブルや違反もなく、充分注意して運転してきたつもりでした。

事故のニュースは毎日のように報道されているし、車は一瞬の判断で取り返しのつかない事態を招いてしまうのだから、事故を他人事と思わず、気をつけて乗らないと…と、思ってはいました。
ある午後、ひとりで街の中心部へ車で行きました。

暑い時期で、歩けばかなり汗ばむ日でした。

それもあってでしょうか。私は普段、狭い場所に駐車するのが苦手なので、中心街の狭くて入り組んだ駐車場には入らず、

慣れた駐車場へ停めて目的地まで徒歩で向かうことを習慣にしていたのに、この日はそれを破ってしまいました。
郵便局の混雑した駐車場に車を停めて、「やればできるもんだ」という気分で用事を済ませ、車に戻りました。

すると隣に駐車していた軽自動車の奥さんも、エンジンをかけて出るところでした。

でも奥さんは2歳くらいのお子さんも一緒で、チャイルドシートを確認していたので、まだすぐには出発しない様子に見えました。

私は、奥さんが出るのを待てば良かったのです。

いつもならそうしたし、そのほうがずっと安全でした。

でもこの日、私は、先に出ようと車を動かしはじめました。

 少し狭いけれど、停められたのだから出られるだろう。そう考え、発進すると…認識していた以上に狭く、「まずいかも」と感じました。

 そこで止まれば良かったのに、動いちゃったんだから出るしかない、と焦った直後、車体右側に小さな衝撃が起きました。
ぶつけた? 車をこすったこともなかったので、信じられない思いでぼうぜんとなりました。

車外へ出て奥さんの様子を伺うと男性が近づいてきて、それはその奥さんの旦那さんでした。郵便局にお勤めだそうで、外での用事が終わって局へ戻ってきたら奥さんの車を見かけ、どうしたんだろうと駆けつけたとのことでした。

ともかく、奥さんとお子さんに怪我もなかったものの、事故なので警察と保険会社を呼ぶことに。
中心街でのことで、警察も相手方の保険会社さんもすぐ到着しました。
警察は状況を調べ、あとは当人で交渉して、と去っていきました。

保険会社さんは写真を撮り、相手方の車の擦り傷を見て奥さんに「あなた次第だよ、部品ごと交換したいならそう頼めるし、傷だけ直せばOKなら2万5千円ぐらい」と説明しました。

過失割合は、奥さんもエンジンはかけていたけれど私の車だけが動いていたため、過失はほぼ私のほうでそれは当然自分でもそう考えていました。
結局、奥さんが優しいかたで、「もともと傷もあったし、動けばいいんです」と言ってくださり、傷部分のみ補修、私がその費用を支払うということで話がつきました。

私はただただ、自分の不注意で大変なことになったと思い、「申し訳ありません、お子さんもおられたのにご迷惑おかけしてすみません」と繰り返すので精一杯でした。
保険会社さんと奥さんと、両方の連絡先をきいて、その日は別れました。
翌日、相手方の保険会社さんから電話を頂き、事故車両を修理工場へ入れ奥さんに代車を渡したこと、請求額が決まったら連絡することを伺いました。

私は自分の車は、保険会社に連絡はしましたが保険は使わず、懇意の板金屋さんで約2万円で補修してもらいました。
それからネットで上質な菓子折りを取り寄せました。
届くのを待つ間に相手方の保険会社さんから封書が来て、奥さんの車の修理が済み、請求額は2万6千円ほどとのこと。
お支払いを行い、改めて相手方の保険会社さんにお詫びの電話をしました。
そして取り寄せた菓子折りを持って、奥さんのお宅までお詫びに伺いました。

菓子折りと、警察や保険会社を呼んだ際の電話を奥さんたちにして頂いたので電話代の代わりにと商品券、それとお詫びの手紙をお渡ししました。
再度謝り、それで終了しましたが、この一件で私は本当に運転に用心するようになりました。

重大な事故ではなかったこと、相手方が恐縮するくらい良いかただったことは、不幸中の幸い以外の何物でもありません。
交通事故はいつ起きるか、誰にもわからないものです。

気をつけても防ぎようのない場合もあるでしょう。でも最大限の注意を払うことで、避けられる事故も多くあります。
私の事例は、間違いなくそういったケースでした。

駐車場の事故事例:駐車場内での物損(接触)事故について – その他(交通) 締切済 | 教えて!goo